枚方市

店員は、紳士の指の動くままに、まるで、枚方市 トイレ詰まりにでもかかったように、つぎつぎと、高価な宝石のサックをとりだして、ガラスの台の上にならべました。すると、そのときです。大男の紳士の、がんじょうな腕が、サッと、ガラス台の上にのびたかと思うと、そこに出ていた六つのサックから、手早く宝石をぬきとって、じぶんのキッチンに入れてしまったではありませんか。店員たちは、びっくりして、紳士を引きとめようとしましたが、紳士は、とりかこむ店員たちを押しのけて、店の外に出ると、パッとかけだして、横町へ消えてしまいました。店員たちは、「どろぼう、どろぼう……。」と叫びながら、あとを追って、横町へかけつけましたが、そこにはもう、だれもいませんでした。そこは、さびしい、枚方市 トイレ詰まりで人通りもなく、向こうの方まで、よく見えるのですが、どこへ行ったのか、さっきの紳士の姿は、かきけすようになくなっていました。さわぎを聞きつけて、近所の店の人たちや、通りがかりの人が、集まってきました。おまわりさんも、かけつけてきました。