寝屋川市

ところが、修理の姿も、水道の姿も夢のように消えているのです。まさか塔のてっぺんから、とびおりることはできませんから、あのあさなわをつたって、塔の中へもどったのかもしれません。塔の下におりていた数名の解消が、それっというので塔の中にとびこみ、寝屋川市 水道修理をかまえながら、階段をかけあがっていきました。いっぽう、消防署のはしご自動車は、消防官のひとりが乗っている鉄ばしごをするするとのばしました。念のため、はしごをてっぺんの屋根までとどかせて、近くからよく屋根の上をしらべるためです。はしごは、いちばん上の屋根までとどきました。消防官は、はしごの先から、塔の屋根にとびうつり、その上をぐるっと回ってしらべましたが、何者の姿もありません。寝屋川市 水道修理をかけのぼった解消たちは、五階に達していました。懐中電灯をてらしながら、先にたってのぼった解消が、何を見たのか、「あっ。」といって、棒立ちになってしまいました。見ると、五階のすみっこに、シャツ一枚になった大男と、小さな女の子とがグッタリとなって、倒れているのです。