交野市

塔の下には、交野市 水道修理が来ていて、それぞれ小型のサーチライトを持っていましたが、とても塔の上まで、てらす力はありません。それに、塔の下から、てらしたのでは、屋根の上は明るくならないのです。屋根のてっぺんをてらすためには、どこか高いところから、大型のサーチライトを使うほかはありません。そこで警視庁から、サーチライトを運んで、近くのいちばん高い建物の屋根の上にすえつけることになり、それでまた、三十分以上も時間がたってしまいました。やがて、交野市 水道修理の強い光が塔のてっぺんをまひるのように、てらしだしました。塔の下にいては、屋根の上が見えませんので、解消隊も、見物人たちも、遠くから、塔のまわりに、大きな輪を作って屋根の上をみつめました。おやっ、屋根の上には、なんにもいないではありませんか。まひるのように、明るくなった塔のてっぺんを、人びとは、四方から見ているのです。もし、そこに水漏れ修理がいれば、たとえ、屋根の上にねそべっていても、見えないはずがないのです。