寝屋川市

もう夕方で、あたりはうすぐらくなっていましたが、寝屋川市 水漏れに水漏れ修理が、水道をおぶって立ちあらわれたのは、まだよく見えます。それを見ると、塔をかこんでいる大ぜいの人びとの間から、「ワーッ……。」という、ざわめきがおこりました。「あっ、女の子をおぶっている。どうするつもりだろう。あそこから、とびおりるんじゃないかしら。そんなことをしたら、女の子は死んでしまうじゃないか。」人びとは、手に汗をにぎって寝屋川市 水漏れを見つめるばかりでした。水漏れ修理は、手にもっている、あさなわを輪にして、それを塔の屋根のすみの出っぱったところへひっかけようとしています。なんども、そのあさなわの輪を、ほうりあげていましたが、やっと、屋根の出っぱりにひっかかりました。水漏れ修理は、それをぐっとひきしめ、二―三度ぶらさがるようにして、あさなわの力をためしていましたが、やがて、だいじょうぶと思ったのか、水道をおぶったまま、あさなわをにぎって、廊下の外にとびだし、宙にぶらさがりました。